KAME BOSS BLOG | 株式会社アースリンクイノベーション | EarthLinkInnovation .co.,ltd

KAME BOSS BLOG 社長ブログ

CATEGORY

住宅ローンの審査に落ちた。住宅取得が諦められないかた必見。

住宅取得が諦められないかた必見。

以前住宅ローンの審査に落ちた人にとって、家の購入を諦めるしかないのか……と

思ってしまいますよね。しかし、審査に落ちたとしてもまだ諦めきれないという人のために、

今からでもできる対処法はあります。

住宅ローンの審査に落ちたからといって潔く諦める必要性はないので、

今からでも家の購入に向けた行動を起こすのが得策です。

それでは、住宅ローンの審査に落ちた時の対処法についてご説明しましょう。

金融機関における審査基準はそれぞれ違う上に明らかにされていない

そもそも各金融機関で行われる住宅ローン審査の基準は、それぞれ違う上に明らかに

されていません。

つまり、各金融機関には審査に通りやすい金融機関通りにくい金融機関があります。

各金融機関が提供している住宅ローン商品の概要を確認すればある程度分かりますが、

すぐにでも住宅ローンを組みたいにとってそんな時間はないという人もいるでしょう。

たとえば団体信用生命保険に加入しなければならなかったり、

保証会社の保証が受けられる方、安定した収入がある方、無理のない返済計画実現できる

年収であるかどうか、物件によって審査基準が変わったりと様々です。

事前に確認しておくだけでも審査に通りやすくすることができるかもしれないので、

できることは事前にやっておきましょう。

金融機関が行う審査について

住宅ローンの審査に申し込む前に、事前にチェックしておきたい項目があります。

金融機関金融商品により基準が異なりますが、審査に影響される可能性が高いのは

以下の項目になります。

・完済した時の年齢
・現在の健康状態(団体信用生命保険への加入可・不可)
・借入した時の年齢
・カードローンを初めとする他の債務の状況や返済履歴
・担保となる土地や建物の評価
・融資可能額における借り換えの場合
・年収
・勤続年数
・連帯保証人
・金融機関の営業エリア
・返済負担率
・融資可能額における購入の場合
・雇用形態
・国籍
・申込人との取引状況
・業種
・家族構成
・雇用先の規模
・所有資産

あくまで可能性が高いということではありますが、ここで問題が発覚すれば

審査に申し込むことすらできない可能性があるので注意しましょう。

また、個人信用情報を管理・保管するCICをはじめとする各個信情報機関であれば

数多くの金融機関が個々の審査基準を分析しているため、事前に確認すれば現状を把握する

ことが可能であるため、特に心配な方にとっては利用して現状を確認してみましょう。

気を付けておきたい20の落とし穴

住宅ローンの審査を申し込む前に、以下の項目をチェックしてください。

・過去5年〜7年間で債務整理の経験がある
・クレジットカードの返済日に遅れたことが何度かある
・現在もキャッシングの借入残債がある
・運転免許証番号の最後の一桁が4以上の数字
・キャッシング枠のあるカードの保有
・携帯電話を分割払いで購入している
・自動車ローンの残債がある
・雇用形態が契約社員、アルバイト、パート
・自営業または自由業で確定申告の金額が少ない
・健康保険証が国民健康保険
・保険証の資格取得日が勤続年数と異なる
・勤務先が小規模または社歴が3年未満
・勤続年数が1年未満
・給与体系が時給や日給制
・給与体系が歩合制
・現在、産休中またはその前後
・独身
・自己資金の確保
・諸費用も住宅ローンに組み込みたい
・高血圧や糖尿病を初めとする持病を持っている
・現在の居住年数が1年未満

以上の項目の中で、一つでも心当たりがある場合は住宅ローンの審査に不利になる

可能性があります。いかに不利な要素を画していても審査の時点で明確に判明してしまうので、

事前に対策できることを全てこなしてから申し込みましょう。

金融機関は審査に落ちた理由を聞いても教えてくれないので、

不安要素を全て取り除いてから申し込むのがベストです。

様々な金融機関でも明確な審査基準が設けられているのがフラット35

様々な金融機関の中で明確な審査基準が設けられているのが、フラット35です。

フラット35は収入が安定しにくいフリーランスや個人事業主でも住宅ローンの

審査に通過しやすい金融機関で知られており、一度審査に落ちた人でもフラット35なら

審査に通過する可能性があるでしょう。フラット35の審査基準は、以下の通りです。

・申込時の年齢が70歳未満で、80歳時点までに完済できる人
・日本国籍の人、または永住許可などを受けている人
・住宅ローンの返済額と他のローンの返済額の合計が、返済負担率以内に収まっていること
・返済負担率

 年収400万円未満で返済負担率 30%
 年収400万円以上で返済負担率 35%

新築住宅住宅ローンを組む場合の条件は、以下の通りです。

・住宅の床面積が一戸建てなら70平方メートル以上
・マンションなら30平方メートル以上
・住宅金融支援機構の定める技術基準に適合する住宅対象
・建設費または購入価格が1億円以下

中古住宅の住宅ローンを組む場合の条件は、以下の通りです。

・住宅の床面積が一戸建てなら70平方メートル以上
・マンションなら30平方メートル以上
・住宅金融支援機構の定める技術基準に適合する住宅
・建設費または購入価格が1億円以下
・借入申込日において築後年数が2年を超える住宅、または既に人が住んだことがある住宅
・建築確認日が1981年5月31日以前の場合、住宅金融支援機構の定める耐震評価基準などに適合している住宅

以上のように明確な審査基準があるので、審査に落ちた人におすすめです。

審査に落ちた人でも住宅ローンの審査に通過するコツ

一度審査に落ちた人が再び住宅ローンの審査に申し込んで通過するコツは、以下の通りです。

・定年退職するまでにローンが完済する見込みであること
・健康状態が良好であること
・最低でも30歳~40歳の間に借入をする
・築年数が浅い物件など担保評価が上がりやすい物件に住んでいること
・勤続年数は長いほど安定感があるとして高い評価が得られる
・長期間にわたって安定して返済できる見込みがある年収であること
・ペアローンや共有のローンにする場合は連帯保証人を選んでおくこと
・個人信用情報に不利な情報がないこと
・30%いないの返済負担率であること
・自己資金を増やすこと

また、審査に落ちた時の対処法も以下の通りになります。

・他の金融機関に変える
・フラット35に変える
・自己資金を増やす
・審査に通りやすくするためにペアローンや連帯保証、連帯債務を利用する

少しでも審査に通過しやすい金融機関を選ぶのはもちろん、自己資金を増やして

借入金額を減らしたり、自分だけでなく一緒に返済する方の属性など様々な方法があります。

審査に落ちたからといって諦めずに対策しましょう。

【まとめ】

住宅ローンの審査に落ちるのは、それだけの理由があります。

審査に落ちた原因を究明して対策を行えば、まずは何が原因で審査に落ちたのかを

突き止めましょう。

各金融機関によって審査基準は異なりますが、不安な人は審査基準がハッキリしている

金融機関金融商品を申し込むことをおすすめします。

従って、やみくもに様々な金融機関へ申し込むことは絶対に避けましょう。

後は可能な限り審査に通過しやすいように、専門家へ相談し、徹底的に準備と対策を

行うことをおすすめします。

住宅ローンの審査へ落ちてしまった方住宅取得が諦められないという方

まずは、お気軽にご相談ください。

専門家の立場として、可能性や対処法などを探り、お客様の未来のパートナーとして

お手伝させていただきます。

DAISUKE KAMEGAI(亀谷 大輔)
代表取締役社長 株式会社アースリンクイノベーション(山梨県甲府市)

◻︎住宅ローン診断士 (一社)日本住宅ローン診断士協会
◻︎ファイナンシャルプランナー 2級技能士
◻︎生保・損保 保険代理店
◻︎ライフプランアドバイザー
◻︎相続士 (NPO)日本相続士協会認定講師
◻︎経営コンサルタント (一財)日本コンサルタント協会公認講師

卒業後、大手ダストコントロールサービス会社に入社。
ルート開拓、商品提案、企画提供を行い全国優秀社員上位成績を収める。
その後、ヘッドハンティングによりハウスメーカーへ入社。
営業一線で活動しトップセールスマン、営業部幹部職へ就任。
その後数社を渡り、受注支援マネージメント、経営マーケティングに携わる。
2015年に株式会社アースリンクイノベーションを山梨県内へ設立し、代表取締役に就任。
ファイナンシャルプランナー、ライフプラン、資金計画、家計の見直し、保険の見直し、
資産運用をはじめ、各種公認コンサルタントとして、各地で講師・講演を務める。