KAME BOSS BLOG | 株式会社アースリンクイノベーション | EarthLinkInnovation .co.,ltd

KAME BOSS BLOG 社長ブログ

CATEGORY

住宅ローン審査否決だった方、過去の個人情報に不安がある方 必読。

住宅ローン審査落ちてしまった方、過去の個人情報に不安がある方 必読。

家を購入することになった場合、過去の個信に不安がある人もいるのではないでしょうか。

住宅ローンを組む上で金融機関は審査の申請者の個信を調べるため、

個信に何か問題があれば審査に落ちる可能性が高いです。

そこで今回は、過去の個信に不安がある人に向けて、

何が問題で住宅ローンの審査に落ちるのかご説明しましょう。

個人信用情報とは?

住宅ローンの審査に通過する上で重要なのは、申請者の個人信用情報です。

個人信用情報とはCICクレジット会社などからの借り入れ状況及び返済状況などを

まとめた情報のことです。

この信用情報は各クレジット会社で共有されているので、別のところで申請しても

師はリアが滞納しているといった情報が知られている状態になります。

これはクレジットカードの審査などに限定された話ではなく、住宅ローンの審査にも

重要な影響を及ぼします。

CICとは?

CICとは割賦販売法貸金業法で定められている指定信用情報機関で、

基本的に各クレジット会社から寄せられた信用情報を保管しています。

保管している情報によって期限が設定されており、その期限を過ぎると信用情報が削除される

仕組みになっています。

この仕組みは能登にご説明するブラックリストの情報に大きく関係しているので覚えておきましょう。

個人信用情報を確認するには?

住宅ローンの審査を申し込む前に自分の個人信用情報を確認するには、CICのインターネットか

郵送、窓口で必ず本人が開示申請を行う必要性があります。なお、1000円の手数料がかかります。

では、開示された情報はどのように読み取るのかご説明しましょう。

個人信用情報報告書の記載内容について

開示された個人信用情報報告書には自分の属性、契約内容保有期限、貸金業法の登録内容

そして入金状況が記載されています。契約内容に記載される契約は、以下の通りです。

クレジットカード契約
ショッピングの分割払い契約
リース契約
保証契約
キャッシング契約(無保証)
キャッシング契約(保証付)
住宅ローン契約
クレジット契約の一本化

以上の項目に該当する場合、借入日や契約金額、残債などが細かく記載されています。

そして入金状況の項目では、過去24ヶ月分の毎月の入金状況が記載されています。

なお、毎月の入金状況は高い評価の順に『S』『P』『R』『A』『B』『C』『-』の記号が

割り振られています。

ここで住宅ローンの審査に関係してくるのが『A』の記号です。Aは契約者の事情で約定日に

入金が無いことを示しており、これが審査に不利な事由になります。

住宅ローンの審査は厳しいので、3ヶ月連続でAが記載されている場合は審査に落ちる

可能性が非常に高くなるので注意しましょう。

異動の記載はブラックリスト入りになる

個人信用情報報告書の支払い状況の項目に異動と記載されている場合は、

61日以上にわたる長期の支払いの遅れがあったことを示しています。

つまり、異動ブラックリスト入りになった証拠であり、ますます住宅ローン

審査に通過しにくくなるでしょう。

本来、住宅ローンの審査勤続年数返済比率雇用形態年収などの審査項目により、

CICの協力によって審査に通過するように導いてくれます。

しかし、ブラックリスト入りしている場合はCICもお手上げの状態なので、

ブラックリスト入りされている期間が過ぎるまで待つ必要性があります。

なお、個人信用情報機関に登録される内容と保有期間は、主に以下の通りです。

※所定の期間が過ぎて個人信用情報が削除されていたとしても、実際に自己破産ローン支払い

クレジットカードの支払いを滞納した場合、その系列の金融機関には信用情報が記録されている

可能性があります。この場合、別の系列の金融機関で再び審査の申請を行う他にありません。

フラット35ならブラックリスト入りしてても審査に通る?

フラット35は比較的住宅ローンの審査が緩いということで、ブラックリスト入りしていても審査に

通るのか気になる人もいるでしょう。

しかし、結論から言えばフラット35であっても基本的に審査には通過しないと考えて良いです。

フラット35のメリットは収入の安定性が変動しやすい個人事業主やフリーランスの人の審査が

比較的、通りやすいことにあります。

ですが、そのこととブラックリスト入りしていることは全くの別問題なので、

フラット35でも審査に通過しないと思ってください。

【まとめ】

住宅ローンの審査に落ちてしまうのは、個人信用情報に問題がある可能性があります。

過去に自己破産滞納などを行っていた人なら心当たりがあるかもしれませんが、

これは金融機関からの信用を損ねる要素になるので、個人信用情報報告書異動と記載されている

場合はブラックリスト入りしている人として審査に落ちる可能性が高いです。

異動と記載されていなければ問題ないと思われるかもしれませんが、支払い状況の項目に

記載されている記号によっては審査に不利になるでしょう。

これから住宅ローンの審査を申し込む際に過去の個信に不安がある人は、手数料を支払ってでも

個人信用情報報告書を確認するのがおすすめです。

少なくとも異動と記載されていなければ審査に落ちる可能性はグッと低くなりますし、

今まで滞納などマイナスになるようなことをしていなければ特に問題はないでしょう。

住宅ローンがご不安な方審査に落ちてしまった方各種住宅ローンなど、お気軽にお声掛け下さい。

住宅ローン診断士
ファイナンシャルプランナー
住宅ローン取次店
保険代理店
相続士ライフプランアドバイザー

株式会社アースリンクイノベーション
代表取締役 亀谷 大輔