KAME BOSS BLOG | 株式会社アースリンクイノベーション | EarthLinkInnovation .co.,ltd

KAME BOSS BLOG 社長ブログ

CATEGORY

ライフプランの必要性・新築住宅の購入前に忘れずチェックしましょう。

新築住宅を取得する際に忘れてはならないのが、これからのライフプランです。

ほとんどは住宅ローンを組んで新築住宅を購入することになりますが、

住宅ローンを完済するまでの計画はもちろん、その後のライフプランを立てておくのと

おかないのとでは大きな違いが生まれます。

それでは、新築住宅取得者が考えておきたいライフプランについてご説明しましょう。

そもそもライフプランとは?

そもそもライフプランとは何なのか気になる人もいるでしょう。

ライフプランはこれからの人生設計のことで、新築住宅を取得するという大きなイベント

際に、これからどんな資金計画を立てていけばいいのか考える必要性があります。

新築住宅を取得する際に発生するのは住宅ローンのみならず、

将来的子どもを育てることになったらローンの返済に加えて教育資金を用意しなければなりません。

住宅ローンが完済したとしても、その後は老後の生活が待っているので

老後資金を貯めることも考えていく必要性があります。

こうしたライフプランを考えているのといないのとでは対処のしやすさなどが

まるで違うので、新築住宅の取得を機にライフプランについて考えてみてください。

ライフプランは人によって違う

ライフプランを立てるにあたって何か参考にしたいところですが、

それは難しいでしょう。何故なら人によって将来的に起こり得るイベントは千差万別だからです。

早々に新築住宅を取得できたとしても、別の人は新築住宅を取得する前に結婚出産

迎えているなど、ライフプランはそれぞれの世帯で全く違います。

したがって、近々計画している新築住宅の取得を加えたライフプランを立てることが重要です。

これから新築住宅を取得しようとしている人は、そこがライフプランの始まりとなるので、

住宅取得資金住宅ローン返済計画を重点的に組み込んだ将来的に必要になるであろう

支出額を計算しましょう。

中でも新築住宅の取得に必要な費用は全てのライフイベントの中で最も資金が必要

なるため、頭金や諸経費、住宅ローンの返済計画などを重視する必要性があります。

住宅ローンに関する様々なポイント

全てのライフイベントの中で住宅取得費用が最も高くなる以上、

一時的に発生する費用はもちろん長期的に返済していく住宅ローンを上手に

完済するための計画を立てる必要性があります。

ライフプランにおける住宅ローンの返済計画には様々なポイントがあるので、

それぞれのポイントを踏まえながら返済計画を立てるのがおすすめです。

それでは、住宅ローンに関する様々なポイントについてご説明しましょう。

住宅ローンの返済期間はどう考える?

住宅ローンを完済する上で重要なのは、返済期間がどのくらいになるのかどうかです。

住宅ローンの返済期間が短い場合だと早く完済できますが、月々の返済額が高くなるので

経済的に苦しくなりやすいです。

返済期間が長い場合だと完済するまでの期間が長くなりますが、代わりに月々の返済額

低くなるので経済的にひっ迫しにくくなります。

早く完済したいからといって返済期間を短くすると、経済的にひっ迫してしまう可能性が

あるのであまりおすすめはできません。

せっかく新築住宅を取得したのに住宅ローンの返済に追われるようでは意味がありませんよね。

しかし、あまりにも返済期間が長くなってしまうと、今度は定年の問題が出てきます。

したがって、住宅ローンの返済は定年までに終了させるように計画しましょう。

定年後は収入減がなくなる可能性があるため、その後も返済が続く計画を立てるのは

現実的ではありません。たとえば30歳で新築住宅を取得した時に定年が65歳だった場合、

返済期間は約35年となります。

新築住宅の購入費用にもよりますが、35年もの返済期間があれば毎月の支払いがあっても

無理なく返済できるようになるでしょう。

ただ、退職金を組み込んだ完済計画はおすすめできません。

住宅ローンが完済できたとしても生活はまだ続くので、退職金を全て使ってしまうと

老後資金が不足してしまいます。ただ、どうしても定年後まで続く返済計画を立てるのであれば、

住宅ローンの借り換え一部繰り上げ返済などを活用したり、返済資金を別に用意したりと定年後の

生活を圧迫させないような計画を立てましょう。

定年後まで続く返済計画は今後のライフプランを大きく左右することを忘れないでください。

金利タイプも重要視しよう

住宅ローンを完済する上で重要なのは、金利タイプです。住宅ローンには金利による違いがあるため、

金利を度外視していると思わぬ返済額の上昇によってライフプランが狂ってしまう可能性があるでしょう。

金利タイプは大まかに『固定金利』『固定金利期間選択型』『変動金利』の3種類があります。

固定金利タイプ金利が固定されるので返済額が上がることもなければ下がることもありません。

変動金利タイプ金利が変動する可能性があるため、金利が下がれば嬉しいですが上がれば返済額

上がることになります。つまり、固定金利か変動金利かでライフプランが大きく変わるので注意が必要です。

今後とも安全に返済していきたいなら固定金利タイプがおすすめですが、収入減や金利上昇による返済額の

上昇に対応できるライフプランであるなら変動金利タイプを選ぶのも良いでしょう。

ライフプランは定期的に見直そう

ライフプランは新築住宅を取得した後でも定期的に見直しましょう。

ライフプランは当初計画していた時点で完璧だったとしても、後のライフイベント

金利の変動によって大きく変わります。

返済が苦しくなる可能性がある以上、定期的にライフプランを見直していかないとリスク回避

難しくなります。資金に余裕がある場合や定年後返済計画など、柔軟に対応していきましょう。

まとめ

新築住宅を取得した時に今後のライフプランを立てるのは何よりも重要なことだと言えます。

今後のライフイベントでは何が起こるか分からない以上、不測の事態が起きたとしても柔軟に

対応できるようにすることが重要です。

また、ライフプランを定期的に見直すことも大切なので、最初のライフプランを押し通すような

考えはやめておきましょう。

リゾートスタイル建築設計事務所 山梨県甲府市
バリ島リゾートスタイルカリフォルニアスタイルカフェリゾートスタイル 施工

株式会社アースリンクイノベーション
代表取締役 亀谷 大輔